SBIリクイディティ・マーケット SBI FXトレード カウンターパーティ

SBI FXトレードは、カウンターパーティが豊富

FX スリッページ スリップ 滑り

少数のカウンターパーティを使って為替レートを提示しているFX会社は、注文が不利なレートに滑って約定する「スリッページ」や、注文自体が拒否されてしまう「約定拒否」が多い傾向が有り、無駄な損失を被ってしまうと言った事が有ります。

スリッページとは? 意味 説明 解説 スリッページとは、FX 外国為替証拠金取引で注文が約定する際に、指定した為替レートの値段と実際の約定価格がズレることを指します。「スリップページ、スリップ、滑り(レート滑り)」とも呼ばれます。 FX スリッページ 発生例 スリッページ(スリップページ、スリップ、滑り)の具体的な例と...

いくらスプレッドが低くても「約定」出来なければ意味が有りません。

その点、SBI FXトレードは、SBIリクイディティ・マーケットが構築する外国為替取引のプラットフォームを活用しているので、他のFX業者と比べてカウンターパーティが豊富です

SBIリクイディティ・マーケット とは?

SBIリクイディティ・マーケットは、外国為替を取引する銀行や証券会社、事業会社などに、リクイディティ(流動性)が担保されたFX取引環境を提供するマーケットプロバイダーです。

SBIリクイディティ・マーケット SBI FXトレード カウンターパーティ

SBIリクイディティ・マーケットが提供するマーケット機能は、すべてのリクイディティを同社が創出するマーケット上に集中させることによって、参加するFX業者に競争力の高いマーケットを提供しています。

SBI FXトレード カウンターパーティ

SBIリクイディティ・マーケットと注文を取り次ぐカウンターパーティは、国内外の大手金融機関25社と他のFX会社に比べて豊富です。

SBIリクイディティ・マーケット カウンターパーティ(計25社)

  1. ロイヤルバンク・オブ・スコットランド
  2. UBS銀行
  3. ドイツ銀行
  4. ゴールドマン・サックス証券
  5. 三菱東京UFJ銀行
  6. 三井住友銀行
  7. みずほコーポレート銀行
  8. 香港上海銀行(HSBC銀行)
  9. クレディ・スイス銀行
  10. BNPパリバ
  11. オーストラリア・ニュージーランド銀行
  12. 三菱UFJ信託銀行
  13. スタンダードチャータード銀行
  14. シティバンク、エヌ・エイ ロンドン支店
  15. バークレイズ・バンク・ピーエルシー(バークレイズ銀行)
  16. コメルツ銀行
  17. JPモルガン・チェース銀行
  18. モルガン・スタンレーMUFG証券
  19. クレディ・アグリコル銀行
  20. バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
  21. 野村證券
  22. ソシエテ ジェネラル
  23. カナダロイヤル銀行

他 2社

SBI FXトレードでFX取引している方は、これらの豊富なカウンターパーティの中から最も有利な売り/買い為替レートでFX取引が出来る仕組みになっています。

拡張性を備えたシステムの開発・構築

さらに、SBIリクイディティ・マーケットは、日本の個人FX投資家がより低コストかつ安心安全にFX取引を行うことが出来る様に、ニーズに迅速に対応できる拡張性を備えたシステムの開発・構築も行っています。

これらの仕組みによって、SBI FXトレードは高い約定力かつ、FX業界で最も狭い水準のSBI FXトレード スプレッドでFX取引が出来るのです。

トップへ戻る